コラム | ミタス・カンパニー
土地の地盤改良とは?本当に必要?

地盤の強さは重要な検討事項

土地選びの際に、忘れがちですが重要な要素として「地盤の強さ」があります。

坪単価や立地条件、近隣の利便性などを考えているとつい忘れてしまいがちな部分です。

しかし、地盤が弱い土地を選んでしまうと、「不同沈下」や「液状化」が起こりやすくなります。

不同沈下は、建物が傾いて沈下してしまうことを言います。液状化は、地震の揺れによって地盤が液体化してしまうことです。

つまり、本体垂直を保たなければならない建物が斜めに傾いてしまうため、最悪の場合、建物の倒壊につながります。

地盤調査の方法について

一般的に、固い地盤が良い地盤、軟らかい地盤が悪い地盤と言われています。しかし、地盤改良が必要な土地かどうかは、実際に地盤調査をしてみないとわかりません。

地盤調査の代表的な方法に「ボーリング調査」があります。63,5kgの重りで地面を打撃し、30cmめり込ませるのに必要な打撃数を調べます。

この打撃数を「N値」と呼び、地盤の強さを表す指標として使われます。

戸建住宅の場合、地盤の強さを測る際、「スウェーデン式サウンディング試験」や「ラムサウンディング試験」と呼ばれる方法も用います。

建築予定地の四隅と中心の調査を行い、地盤改良の必要性を判断する方法です。

ボーリング調査の方が、より正確に強度を測ることができます。

しかし、費用面や作業スペースの都合上、戸建では「スウェーデン式サウンディング試験」や「ラムサウンディング試験」が採用されるケースが多いです。

地盤改良が必要となったら

地盤調査によって、地盤改良が必要となった場合、地盤が住宅の重さに耐えられるよう基準まで、地盤改良をしなければなりません。

必要に応じた地盤改良の仕方についてはぜひプロにご相談ください。

ミタス・カンパニーでは、お客さまの家づくりに関するお悩みのご相談など小さな事でも、ご質問受付・対応を随時しておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください!

ご相談はこちら!