COLUMNミタス家づくりコラム

夏の2階は暑い!部屋を快適にするための対策とは?

  • 2020/08/17

夏の2階が熱いのはなぜ?

「夏の2階で生活しているとなにもしていなくても汗が出てくる…。」このように夏の2階の暑さに悩む方は多くいらっしゃると思います。

そもそも、1階よりも2階のほうが熱く感じられるのはなぜなのでしょうか?

これには以下の2つの理由があります。

  • 暖かい空気が冷たい空気よりも軽いため、上にたまる
  • 直射日光で屋根が熱くなり、その熱が天井裏にたまることで熱くなる

太陽の熱と家の作りの性質が関係しているようですね。

そこで、この記事では、2階の部屋でも夏を快適に乗り切る方法をご紹介します!

 

2階の部屋を少しでも快適に

では、2階を少しでも快適にするにはどうしたらよいでしょうか?

以下では、その対策方法をお教えします。

すだれやグリーンカーテンの設置

すだれやグリーンカーテンを設置することで窓からの熱気を緩和することが可能です。

特にグリーンカーテンは水蒸気を発生させるので、より涼しく感じます。

見た目も鮮やかで視覚的にも涼しさを感じる事でしょう。

グリーンカーテンには、アサガオやヘチマなどがおすすめです。

ベランダに水気を

「水分が蒸発するときに熱を逃がす」という原理は、人間が汗をかく理由ともいわれています。

それと同じようにベランダに水を撒くことによって熱を逃がすことが可能です。

洗濯物を乾燥機にかけず、水分を含ませたまま干すことでも同じ効果が期待できます。

窓を開ける時のコツ

部屋にこもった熱を逃がすときには、窓を開けるのもよいでしょう。

家の対角線上同士の窓を開けることで、風の通り道を作ることができます。

その際は、日影側の窓を大きく開け、日向の窓を小さく開けることで、さらに涼しい風を取り込みやすくなります。

また、熱を外に逃がす際は排熱ファンを取り付けるのも有効です。

排熱ファンを取り付けるのは手間とコストがかかりますが、「どうしても我慢できない!」という場合は試してみてください。

最後は冷房や除湿を使う

以上の方法を試してみても暑くて我慢できない場合には、無理せずにエアコンを使いましょう。

熱中症にならないようにするためにも効果的にエアコンを使うことも重要です。

また、ご紹介した対策と合わせて使うことでエアコンも効率的に使うことができるでしょう。

 

暑い夏を涼しく過ごすには

日本の暑い夏を快適に過ごすために、ご紹介した対策を活用していただければ幸いです。

新築を建てる際には、涼しくした空気を外に逃がさない、外からの熱を中に伝えない高気密・高断熱の住宅にすることも有効です。

自分でできる対策をできるだけ行い、無理なものは専門の業者に相談してみましょう。

ミタス・カンパニーでは、お客さまの家づくりに関するお悩みのご相談、小さな事でもご質問受付、対応随時しております!こちらよりいつでもお気軽にご連絡ください。