COLUMNミタス家づくりコラム

お家の防犯対策は万全?防犯カメラ設置の効果とは

  • 2020/09/10

泥棒に入られやすい家

近年、住宅侵入窃盗件数は減少傾向にあります。

しかし、だからといって窃盗がなくなることはありません。

なので、泥棒になるべく入られないようにするためにも、防犯対策はしっかり行いたいものです。

そこでこの記事では「泥棒に狙われやすい家」や「監視カメラを設置するメリット」などをご紹介します!

では、泥棒に入られやすい家とはどのような家なのでしょうか?

死角が多い家

人に見られにくい、住人に見つかりにくい家が狙われやすいといわれています。

そのため、死角が多い家は人目に付きにくく、狙われやすくなるのです。

外部から2階に上がりやすい家

泥棒は未施錠の窓を狙って2階から侵入しようとします。

そのため、2階に上がりやすい家は泥棒に狙われやすいです。

防犯意識が低い家

防犯対策を行っている家は防犯意識が高い家ともいえます。

そのため、いざ侵入しても、金品が金庫にしまわれているなどのため、成果を上げにくいと泥棒は考えます。

なので、外部から見て防犯意識が低いとわかる家は、侵入すれば成果を上げやすいだろうと泥棒は考えるのです。

 

防犯カメラを設置するメリット

近年、家庭用防犯カメラを設置するお宅が増えてきています。

では、防犯カメラを設置するメリットはどのようなものなのでしょうか。

死角が減る

防犯カメラは人の目の代わりとして機能します。

そのため、泥棒に「見られている」と思わせるのに効果的です。

防犯意識の高さをアピールできる

前述の通り、泥棒は防犯意識の低い家を好みます。

防犯カメラを設置することで、「防犯対策はしっかりしています」と泥棒に知らせることができるのです。

記録が残る

いくら人通りが少なくても、防犯カメラには記録が残ってしまいます。

泥棒は顔を見られることを嫌うので、侵入をあきらめる可能性が高いでしょう。

万一侵入されても、防犯カメラの映像が犯人確保に役立ちます。

 

防犯カメラの効果的な運用を

防犯カメラを効果的に使うことで、泥棒に侵入されるリスクを大幅に軽減することができます。

設置の際には防犯カメラの死角を作らないように設置することが重要です。

資金に余裕がない場合にはダミーカメラと合わせて使ってもよいでしょう。

ミタス・カンパニーでは、お客さまの家づくりに関するお悩みのご相談、小さな事でもご質問受付、対応随時しております!こちらよりいつでもお気軽にご連絡ください。