COLUMNミタス家づくりコラム

湿気・結露から家を守る!「高気密高断熱」☆

  • 2019/11/12

こんにちは、ミタス・カンパニーです。

すっかり肌寒くなってきましたが、この季節になると多くのご家庭を悩ませているのが“窓・壁の結露”。実は結露は、放置しておくと様々なトラブルを引き起こすやっかいものです。

例えば「カビ」。カビは湿気の多い場所に発生するので、暖房の温かい空気と結露による水分は絶好の環境。見た目の問題だけではなく、ぜんそくやアトピーなどの健康被害や、カビを餌にするダニの繁殖の原因にもなります。

また見落としがちなのが、壁内部の断熱材で起こる「内部結露」。柱や土台を腐らせたり、断熱材の性能低下に繋がったりすることもあるのです。

その防止のために注目すべきポイントが「気密性能」です♪

高気密な家というのは、機密断熱層と壁や柱などとの間のすき間が少なく、熱の損失が少ない家のことを言います。施工時に細かな隙間を丁寧に埋めていくことで、「断熱性」・「気密性」を確保することができます。熱損失が少なければ室内温度が維持できるので、冷暖房のエネルギー消費(電気代)も軽減できるわけです。

しかし機密断熱材が正しく施工されていないと、気密性能が低くなって冷暖房の効率も悪くなり、結露によるカビも発生します。それにより、家が傷み寿命が短くなるばかりではなく、健康にも害を及ぼしかねないのです。

 

 

 

気密性能」が良くないと、正しい「断熱性能」が発揮されません。だから、数値でチェックすることが大切です。

気密性能を表す数値に『C値』というものがあります。これは“隙間相当面積”のことで、その基準は、一般的な高性能住宅のガイドラインでは「5.0c㎡/㎡」とされています。

ミタス・カンパニーはその1/10、わずか「0.5c㎡/㎡」を基準としています。これは100㎡(約30坪)の家の隙間が50c㎡=名刺約1枚分しかないということ!

家の寿命を延ばし、永く快適に暮らしていただくためにも、ミタス・カンパニーは住宅性能にもとことんこだわっているのです♪