COLUMNミタス家づくりコラム

アトリエ建築家の横顔 [白子秀隆先生] ☆

  • 2020/02/20

こんにちは、ミタス・カンパニーです。

 

アトリエ建築家と一緒につくる家」が特徴のミタス・カンパニーの住まい。

多彩な経験と蓄積されたノウハウ、工夫とアイデアを駆使して、お客さまのライフスタイルや想いをカタチにしてくれる、心強いパートナーがアトリエ建築家です。

 

でも建築家の先生は、どんな想いで、スタンスで、みなさんの家づくりに取り組んでいるのでしょうか?今回は、ミタス・カンパニーのお客さまの家を多数手掛けていただいている、白子秀隆先生からメッセージをいただきました!

 

 

白子秀隆建築設計事務所代表 白子秀隆先生

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

みなさんこんにちは、建築家の白子です。

 

私が、家を建てようとされる方とお会いする際、最初にお伝えするのは、「今日は何でも話しましょう。いろいろと話がしたいですね」ということです。

住まいのことだけではありません。お仕事のこと、趣味のこと、家事のこと、お子さんのことなど本当にいろいろ。様々なお話をしている中で、例えば「こんなふうに食事を楽しんでいるんだろうな」とか、住まう方の暮らしのシーンが浮かんでくる。

家のカタチや間取りではなく、どんな暮らしをしたいか。そのイメージを共有することが何より大切だと思っているのです。

 

もう1つ大切なことが、予算です。

当たり前ですが、どんな方でも予算がある中で進めるのは大前提。一方で希望や想いがいろいろある中で、何を大切にするかは人それぞれ。先ほどの「とことん話す」ことが大切なのは、大事にすべきものは何なのかを理解するためでもあるのです。

 

予算を守りながらどれだけ自由で楽しい家ができるか。そこにどれだけ要望を反映できるか。

それこそが、建築家の仕事であり、腕の見せ所だと思っていますので、どんな要望でもとことんぶつけてみてくださいね。

 

 

 

(白子秀隆先生が手掛けた越谷市のM様邸)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

様々な要望と接して、たくさんの家をつくってきた建築家の先生たち。それだけたくさんの引き出しを持っていらっしゃって、お客さまの気付かないところまでケアしてくれます

アトリエ建築家と一緒につくる家」は、そのプロセスさえも楽しい家づくり。ぜひミタス・カンパニーで、あなたの夢をカタチにする家を一緒につくっていきませんか?

お待ちしています♪