COLUMNミタス家づくりコラム

アトリエ建築家の横顔 [木内浩司先生] ☆

  • 2020/04/28

「アトリエ建築家と一緒につくる家」が特徴のミタス・カンパニーの住まい。

多彩な経験と蓄積されたノウハウ、工夫とアイデアを駆使して、お客さまのライフスタイルや想いをカタチにしてくれる、心強いパートナーがアトリエ建築家です。

 

でも建築家の先生は、どんな想いで、スタンスで、みなさんの家づくりに取り組んでいるのでしょうか?

今回は木内浩司先生からメッセージをいただきました!

 

words worth craft 一級建築士事務所代表 木内浩司先生

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

みなさんこんにちは、建築家の木内です。

 

私が住宅を設計する際に大切と考えていることは、2つあります。

1つは、環境・風土・方位といった土地が持つ特性に寄り添い、最適なアイデアを導くこと。

そして2つ目は、住まう人の想いをしっかり読み取ること。そのために、お客さまとの対話を重視し、住まいについて抱いている様々な想いを感じられるよう、深くコミュニケーションするようにしています。

 

下にご紹介する住まいを設計する際もそうでした。

 

ご主人のご希望は、外から見た時に「この建物は一体何なのか?」と思われるような家にしたいとのこと。「お店なのか?」「事務所なのか?」「 家なのか?」一体何だろう ・・・・というような家にしたいとの想いを持っていらっしゃいました。

奥様の方は、カーテンを開けっぱなしにして自然の光が降り注ぐ明るい家にしたい、と。なおかつ、外からの目線を全く気にすることなく生活したいと強くご希望でした。

 

(木内浩司先生が手掛けた家)

 

この土地は、南側には敷地ギリギリに隣家が建っており、前面道路は交通量が多く渋滞もしばしばの立地 。この立地条件でご夫婦のご要望を叶えるために、私がご提案したのは2点。

まず1点が「格子」を用いること。格子を付けることで、交通量の多い道路からでも人の目線を気にすることなく生活することができます。

2つ目にご提案したのが「中庭」。中庭があることで家中に陽が入り、開放感のある明るい家にすることができます。

この家が完成した際には、ご夫婦ともにとても満足していただきました。それ以降、OB様宅訪問会でこれから家を建てようとされているお客さまをご案内した際にも、みなさんに素敵な家だと言っていただいているようです。

これからも、家族の距離感や笑顔の姿を想像しながら、街並みや環境にそっと溶け込む住まいをご提案していきたいと思っています。

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

様々な要望と接して、たくさんの家をつくってきた建築家の先生たち。

それだけたくさんの引き出しを持っていらっしゃって、お客さまの気付かないところまでケアしてくれます。

 

「アトリエ建築家と一緒につくる家」は、そのプロセスさえも楽しい家づくり。

ぜひミタス・カンパニーで、あなたの夢をカタチにする家を一緒につくっていきませんか?

お待ちしています♪