COLUMNミタス家づくりコラム

おしゃれなトイレの作り方。インテリアでくつろぎ空間としてのトイレを作る

  • 2020/12/23

パーソナルスペースとしてのトイレ

家で愛する家族と暮らしている中でも、一人の時間が欲しいときがありますよね。

そして、トイレは一人になることができ、だれにも邪魔されることのない「パーソナルスペース」です。

トイレにいるとなんだか落ち着く気がしてついつい長居してしまう方もいるのではないでしょうか?

今回は、トイレでの一人の時間、リラックスタイムをもっといいものにするべく、トイレの施工についてのご紹介です。

 

トイレのアレンジ集

トイレづくりは、今すぐに実行可能なものから、注文住宅ならではのこだわりまで、多岐にわたります。

 

カラーの統一

トイレ空間のカラーを統一して、おしゃれなトイレ空間にするものです。

色によって、人に与える印象は異なるので、自分に合った色を見つけてくださいね。

 

床材の施工

トイレに用いる床材にこだわることで、ぐっと理想のイメージに近づくのではないでしょうか。

例えば、ナチュラルな雰囲気のトイレにしたい場合、床材に木材を使ったり、大理石風のタイルで、西洋風にするなど、様々な床材があります。

しかし、木材は水に弱いなど、材質によって特徴があるので、床材を決める際はよく考えて、プロに相談して決めるようにしてくださいね。

 

観葉植物を置く

きれいな観葉植物を置くことで、トイレをさらにリラックスできる空間に変えることができます。

しかし、置く植物には注意してください。

というのも、日当たりが悪かったり、窓がなかったりするので、植物がうまく生きていけないことがあるからです。

耐陰性のある、アイビーやサボテンなどの植物がおすすめで、植物を置くことができない場合は、フェイクグリーンでも雰囲気を出すことができます

 

工夫次第でトイレがもっと好きになる

トイレにマイナスのイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、インテリアの工夫次第で、トイレに対するイメージを変えることも可能です。

まずは、トイレットペーパーや清掃用具などは、見えないところに収納するなど、簡単な工夫から始めてみましょう。

ところで、皆さんは今のトイレをずっと使っていける自信があるでしょうか?

というのも、不測の事態や高齢化によって、身体の自由が制限される場合に、今と同じようにトイレを使うことができるとは限らないからです。

長く使い続けるためには「バリアフリー」の概念を理解して取り入れる必要があるかもしれませんね。

注文住宅であれば、こだわりの床材からトイレの広さ、ドアの大きさまで自由自在です。

ミタス・カンパニーでは、お客さまの家づくりに関するお悩みのご相談など小さな事でも、ご質問受付・対応を随時しておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください!